家族

40代をご機嫌に過ごす方法

こんばんは!middle森です!

今日は民泊でのお仕事でした。

民泊のリビングから見える景色です。

栄養士の仕事をグーンと減らして、

45歳から未知なるお仕事に挑戦中です。

視野は広い方だと思い込んでいましたが、

知らないことがいっぱいでした。

心地よく働ける場所に感謝の

日々です。

さて、今夜のタイトル

40代をご機嫌に過ごす方法

私と同じ世代の女性の皆さま、

共感して頂けるでしょうか?

  • 体力が落ちたことへの軽いショック
  • 子供の気がかり
  • 親の気がかり
  • 仕事での板挟み
  • 更年期症状
  • 漠然とした将来の不安

とめどなく出てきそうなので

これぐらいにしておきましょう。

私が、最近まで落ち込んでいたのが

「漠然とした将来の不安」でした。

本当に漠然としていて、

根源は体力や能力の衰え、子供が巣立つ

タイミングなどだろうとは思うのですが、

「自分自身を見つめなおす」事が

不安なのかもしれませんね。

そこで、不安を減らして自分で自分を

ご機嫌にしてあげれる事を書いていこうと

思います。

◎心配事の8割は起こらず、2割は対応可能

先を考えすぎて、不安になりがちな40代。

思い起こせば、今までも心配事は考えすぎなことが多かった。

それに、40年も生きていれば、心配事が当たっても、

冷静に対応できる知恵を身に着けてきた!大丈夫!

と思うと気がラクになりました。

◎休みを取った方がパフォーマンスが上がる

家事、育児、仕事、周りに何と言われても

無理にでも休みを取る。

私は、これが出来ずに根詰めて爆発タイプでした。

休むって自分が決めないと周りは決めてくれません。

仕事で何言われるかなーと休めませんでしたが、

有休を取ってみたら意外にも自分の

勇気次第だったって事もあります。

休みましょう!家事も育児も仕事も

ガラリと目線が変わります。

◎記憶の大半は一日で消える

これは脳の老化を逆手に取って

生かしていきましょう!

嫌なことも大半の事は消えるという事

ですね。嫌な思いをしたときや、

気分が下がってるなーって時は

とにかく寝ます。そしたら、大半は

忘れて起きています。

忘れちゃいけない、大事なことも

忘れて起きるので、冷蔵庫のtodoリストに

記入を忘れずに( *´艸`)

◎本を読む

若いころから、漫画と雑誌だけで

生きてきました。

コロナで自粛が多くなって来た頃、

読んでなかった小説

「冷静と情熱のあいだ」赤と青を

読み始めました。映画は好きでしたが、

小説は自己満足のために購入しただけでしたので読んでおらず(*´Д`)

それ以来、45歳にして読書に夢中。

文字を読むことが、

心の揺らぎにピタッとハマるといいますか、

新しい発見もあります。

最近は、浜田マハさんの小説がお気に入りです。

まとめ

「新たな目標を設定しよう」とよく耳にしますが、

40代という節目を迎えて、新たな目標よりも不安や悩みがあるのは当然です。

まずは、自分をご機嫌にしてみると、

人生の次の目標や楽しみが見えてくると思います。

焦らなくていいんです。頑張ってきたんですから。

次を考える前に、少し余白を作りましょう。

一緒にご機嫌になりましょうね☆彡

では、また明日☆彡

-家族
-,