仕事

誉め言葉を受け取れるか!?

こんばんは!middle森です!

昨日、今日と小中学校の入学式のようです。

もしかしたら、このブログを読んで下さる方の中にもいらっしゃるかもしれませんね!

おめでとうございます!

ご両親も華やかに、傍にいる大きなランドセルのお子様や、ブカブカの制服を着た中学生。

運転をしながら、とても微笑ましくて

思わずこちらもニッコリ(*^-^*)

しばらくは緊張の日々かなぁ。

私達の時代と違い、個を尊重する教育に

変わってきた様に感じます。

とってもいい!

私は、反抗的な子供でしたので

右だ!と言われても、

右上もあるんじゃないか?

という子でした。当時の教育では、

困った子だったかもしれません。

「注意」された記憶ばかりで、

褒められた記憶があまりないなぁ。

ホームステイでニュージーランドを

訪れたとき、

「右上もあるぞ!良い視野だ!」と

言われて、目の前が開けたような

記憶が蘇ってきました。

子供達がいる場所は、自分の思いや考えを

素直に発言し、認めてもらい、一緒に

考えてもらえる場所であればいいなぁと

いつも思います。

さて、本日のタイトル

誉め言葉を受けとれるか!?

大人の皆さま、

おきれいですね!(男性ならステキですね!かな)

と言われたとします。

なんて答えますか?

私は、無意識にでる返答が

「いえいえ、恐縮です」や

「いえいえ、そんなことないですよ」

でした。

私達の世代では、褒められたときに謙遜すべきという思い込みがあるようです。

日本ではそんな返しが美徳とされていたように感じます。

ちなみに19歳の娘は、ありがとう!って

答えます。

誰かから褒められた事をなかなか素直に

受け取れない世代です。

昭和時代の教育の名残なのかもしれませんが、自分よりすごい人がいて、

私なんてと卑下してしまう。

私は典型的なソレでした( 一一)

なので人も信用できませんでした。

なんか買わされるかも、心中はちがうだろ。

って思ってました。

お知り合いになったオーストラリアの方

(日本語はカンペキ!)

に、「私はキレイだなと思ったのに、

なぜ否定するの?」と、真顔で言われてしまいました。

英訳すると確かに否定する英文になります。

私は無意識であるものの、確かに言ってくれた相手を否定することになっていました。

否定しているので信用もできない、

よく考えたら勝手に否定されて信用もされないなんてお相手にとっては迷惑な話ですね( ;∀;)

これがきっかけで、意識的に改革をスタート!

最初は、キツイ。。

特に45歳で「きれいですね」や「お若くみえますね」は、

オイオイなんか高額商品出して来るやろ~って思ってしまいますもん!

いかんいかん、かわるのだ!

・おきれいですね!→ありがとうございます!嬉しいです!

・お若いですね!→ありがとうございます!パック頑張りましたよ

・素晴らしいお仕事ぶりです!→ありがとうございます!スムーズに進んで私もうれしいです

・毎日頑張ってますね!→ありがとうございます!そう言って頂けて光栄です

とにもかくにも、

「いえいえ」という否定語を「ありがとう」に肯定していきました。

コミュニケーションが楽しいものに変わりつつあります。

そんな事を実践中の中、私の母78歳。

顔見知りのクロネコヤマトの配達員さんとの会話。

配達員さん「おばちゃん、今日もお元気お若いですねっ!」

母78歳「知らんやったと?私35歳なんよ」

母の自己肯定の高さに尊敬!しかし、20代にしなかったのは謙遜でしょうね!( *´艸`)

明日もよい一日になりますように!

良かったことだけ頭に浮かべてお休みくださいませ!

ではまた明日☆彡

PL1

-仕事
-,